事業主が貰える助成金、申請漏れしてませんか?

※LINEはいつでも解除できます。

助成金とは?

厚生労働省が管轄する事業主へ対する支援金です。

主に雇用関係、労働環境整備に関する内容で申請が可能。

【補助金】と【助成金】の違い

混同される方が多いのが、この2つの制度。

似ていますが、両者には明確な違いがあります。

補助金
審査制(申請しても貰えない場合あり)
先出の自己資金がないと原則不可(多額)
受給後の用途、制限あり
受給後、5年間に渡り経過報告義務あり
ビジネス転換、ビジネス革新の制度が主
助成金
申告制(申請すれば原則貰える
先出の自己資金がなくても可能(あっても少額)
受給後の用途、原則自由
受給後、報告義務なし
雇用維持創出、職場環境改善が主

■条件が合う、締切までの申請が出来れば、原則貰えるのが助成金制度ですので、活用しない手はないのです。

※ただし、今は合致する条件でも、あと1か月後には対象外となってしまう可能性もあるのでご注意下さい。

(例:雇用から3年経過すると対象外、定年を迎えてしまったら対象外。など)

このように何もしなくても時間と共に対象外になる例もあります。

■人気の制度(条件が簡単で受給額が多いもの)から予算に達し、打ち切られてしまいます。

※早めに取り組まないと貰えるものも貰えなくなります。

【知らずに逃している経営者が8割以上】

助成金制度自体を知らなかったので、目から鱗です。

もっと早く取り組んでいれば、800万円位貰えていたと知り後悔です。経営者なら早く知っておいた方が良い制度ですね。

建設業 I様

【助成金獲得額:399万円】

コロナの雇用調整助成金しか申請した事がなかったのですが、他にも色んな制度があると知り活用しました。もっと早く知りたかったですね。

この資金で厨房機器をリニューアルさせます!

飲食業 S様

【助成金獲得額:575万円】

助成金制度は60種類以上もあります。

あなたの会社でも活用できる制度を逃さずに活用していきませんか?

【小規模な会社でも活用可能】

法人でないと使えないかと思っていましたが、個人事業主でも問題ないのがありがたい所。これから更に軌道に乗せて、今後も助成金を活用していきたいです!

個人事業主 W様

【助成金獲得額:142.5万円】

従業員が1名しかしないので、無理かなと思いましたが、それでもこれだけ貰えたので助かります。

申請漏れせずに良かったです。

接骨院 K様

【助成金獲得額:114万円】

あなたの会社ではどんな制度が活用できるのか?

【実はもっと申請出来ていた!という方続出】

顧問社労士にお願いしていたので、結構活用出来ていると思っていましたが、浅はかでした。

社労士でも、助成金に強い方でないと取りこぼしてしまうのですね。

勉強になりました。

塾経営 E様

【助成金獲得額:352万円】

補助金は積極的に申請していましたが、通らないと計画がすべて進まないので、何か他の制度はないかと探していました。

今回、助成金に出会えて視野が広がりました。

申請出来るギリギリのタイミングでしたが、間に合ってよかったです。

これで設備投資を行い、生産量を上げていけます。

製造業 O様

【助成金獲得額:829万円】

あなたは締切までに間に合うか!?

【助成金貰えるのに、申請せず逃していませんか?】

脱毛器を助成金で賄いました。

7割以上補填して頂いたので、資金繰りが楽になりましたし、新しいサービスも始める事が出来ました! スタッフもモチベーションが上がって一石二鳥です!

サロン経営 A様

【助成金獲得額:255.5万円】

毎年当たり前にしている雇用でこれだけ獲得することが出来るのは素晴らしい。今後も雇用するたびに活用していきます!

新規雇用するなら申請しないと損ですね!

介護福祉業 H様

【助成金獲得額:638万円】

すべての制度には締切があります。

人気制度ほど早く締め切られるので、早いもの勝ちです

※LINEはいつでも解除できます。

error: 著作権により保護されています。